子どもが朝起きないのは親のせいかも!?睡眠環境を見直してみて!

規則正しい生活が、子どもにとって良いことだというのはわかっているけれど、なかなか朝起きない我が子。朝起きれないと夜寝るのが遅くなって、負のスパイラルに陥ってしまうことになります。そこで今回は子どもが朝起きない理由は親にも関係があること、そして睡眠環境を整えることについて説明していきます。

スポンサーリンク

 子どもを親の生活リズムに付き合わせていませんか?

夜型の人が増えている現代、どうしても大人の行動のせいで子どもまでもが夜更かしをする生活パターンになってしまいがちです。夜が遅くなることで、子どもにとって様々な悪い影響があります。

例えば夜の10時〜2時くらいの間に分泌される成長ホルモンが、夜更かしをすることで量が減ってしまうのです。成長ホルモンはある程度寝入ってから分泌が始まるため、最低でも夜の9時までには眠りについておきたいところなのです。

大人が「ドラマが気になるから」などと夜遅くまで電気をつけていると、子どもはどうしても気になって寝付けなくなってしまいます。そこでせめて子どもが寝付くまでは、大人も合わせて電気を消してみるなど生活を合わせてみてください。

睡眠環境を整えることが大切!

info2_8-7

子どもが朝スッキリ起きられない理由は、睡眠の質が低下していることが挙げられます。
今はスマホやタブレット端末などの普及により、昔に比べて目に強い光を浴びる機会が増えました。

またテレビも大人が見ていれば、当然子どもも一緒に見たいですよね。夜寝る前に目から強い光を浴びるということは、良質な睡眠をとるためのメラトニンという物質が少なくなります。

メラトニンは体温や血圧などをコントロールして眠りに誘うもので、昼間に太陽の光を浴びることで夜に分泌されやすくなります。

しかし、せっかく夜に増えてきたメラトニンをテレビやスマホなどの画面を見ることで減らしてしまっては、安眠することができなくなってしまいます。

寝る2時間前にはテレビは消す、照明は暗めに設定する、親はなるべく子どもの前でスマホなどをいじらないなど、睡眠環境を整えてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

親と子どもの生活は分けること!

normal

親と子どもといっても家族だから、生活リズムが似てきてしまうのは仕方ない!と思ってしまいますよね。しかし子どもの心身を健全に育てていくためには、大人と子どもの生活を切り離して考えていかなければなりません。

子どもに「大人はまだこれからやらなくてはいけないことがあるけれど、子どもはもう寝る時間」と、あくまで大人と子どもは違う生活リズムで暮らしていくものなのだと意識させることも重要です。

まとめ

いかがでしたか?
子どもが朝起きないのは、親の生活リズムに子どもを付き合わせてしまっていることが原因のひとつだということをお話ししてきました。

テレビにスマホ、タブレット…夜更かしの誘惑になるものはたくさん存在します。

これらを親がコントロールして子どもに「大人と子どもでは生活リズムが異なる」ということを説明するのも、大切なことなのです。

良質な睡眠環境を整えて、子どもが朝起きられるようにサポートしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です