七草粥を分かりやすく子どもに説明するには?

お正月が明けて、やれやれ…といった時期に食べる七草粥。でも家族揃って七草粥を食べている時、子どもに「七草粥って何?なんで食べるの?」と聞かれた時…あなたはパッと答えられますか?

そこで今回は子どもにも簡単に説明できるように、七草粥についてわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

七草粥って何?どうして食べるの?

七草粥はお正月が明けて1月7日の朝にいただく、春の七草を入れて作ったお粥のことです。1月7日というと飾っていたお正月飾りを取り去って片付ける日(松の内)なので、その飾りに宿っていた神様も家からいなくなってしまうのです。

そこで1月7日の朝にお正月飾りを片付けた後に、神様に感謝をするとともに…「この1年、病気や怪我をせずに暮らせますように」という願いを込めて、新鮮な春の七草を入れて食べるという習慣が平安時代中頃から始まったのです。

元はというとこの行事は中国から伝わったもので、邪気を払ってあらゆる病気にかからないようにするという意味を込めておこなっていました。

疲れた胃を休ませるためや野菜不足を補うためなど、様々な意味が広まっていますが、実はこの無病息災というのが正しい意味なのですね。

 

七草粥はどんなものが入っているの?

%e4%b8%83%e8%8d%89

七草粥には、その名前の通り「春の七草」が入っています。

実はこの7種類の草にもそれぞれ健康への効果があって、しっかりこの1年元気で暮らせますように!という気持ちが込められているのです。

  • せり…胃腸を丈夫にします。
  • ごぎょう…咳を鎮めます。
  • ほとけのざ…胃腸を丈夫にします。
  • すずな…カブのことで、ビタミンが豊富に含まれています。
  • なずな…肝臓機能を向上させます。
  • はこべら…目を良くし、腹痛にも効果があります。
  • すずしろ…大根のことで、消化を促進して風邪予防には最適です。

このように七草は体に良い効能があるため、無病息災を願って食べるものとしてはとても適しているのです。子どもと一緒に七草粥を作って、コレはすずしろだよ!などと説明しながら調理していくと楽しく覚えられそうですね。

 

子どもへのわかりやすい説明の仕方とは?

実際に子どもへ説明するときには

  • 1月7日の朝に食べる、春の七草が入ったお粥だということ
  • 七草粥はもともと大昔の中国で食べられていたものだということ
  • 1年元気に過ごしていけるよう神様に感謝と願いを込めて食べるものだということ

この3点のポイントを押さえて、説明してあげるようにしてください。

七草粥を嫌がる子どもには「七草粥は食べると1年元気いっぱいに暮らせるお粥なんだよ!」と説明してあげてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?なんとなく毎年食べている七草粥、この意味を子どもに聞かれたときにわかりやすく説明するために基礎知識をご紹介してきました。

毎年1月7日が近づくと、スーパーに七草粥セットが売られるようになるので、自宅でも簡単に調理することができるようになりましたよね。

ぜひ子どもにその七草粥セットを見せたり、一緒に七草粥を作ったりして説明していってください。苦味があるので嫌がる子どもにとっても、七草粥に興味を持つ良い機会になるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です