節分はキャラ弁で楽しく!オススメ簡単キャラ3選!

冬も深まる2月3日といえば、節分です。節分と言えば、やはり「鬼は外福は内!」という歌に合わせておこなう豆まきが一番に思い浮かびます。そんな楽しい日である節分のお弁当も、やはり季節感を出していきたいところです。

そんなときは、見た目でも楽しいキャラ弁がオススメです。しかしキャラ弁なんて高テクニックが必要なもの、ムリムリ!と思っていませんか?

そこで今回は、誰でも簡単にできてしまう節分にピッタリの鬼に扮したキャラ弁の作り方を3種類、ご紹介します。

スポンサーリンク

食べやすくて可愛い!鬼キティちゃんの恵方巻きキャラ弁

鬼キティ恵方巻き

今や節分といえば豆まきよりも主流となっている恵方巻き。お弁当にも、キティちゃんのキャラ弁として簡単なオムライス風恵方巻きを作ることをオススメします。

作り方

  1. まずは薄焼き卵を卵焼きフライパンで、四角く作っていきます。
  2. ケチャップライスに冷凍のミックスベジタブルを混ぜて炒めて作り、粗熱をとります。
  3. 巻き簾に薄焼き卵を敷いてその上にケチャップライスを乗せて、卵焼きが破けないように丁寧に巻いていってください。
  4. 顔の部分は楕円形に切ったスライスチーズを使い、海苔で目とヒゲを作ります。
  5. 鼻は薄焼き卵を小さく丸くくり抜いて乗せます。
  6. 海苔を鬼のパンツの柄に見立てて細かく切り、薄焼き卵に貼り付けていけば、原型は完成です。
  7. リボンは薄焼き卵をリボン型にくり抜き、桜でんぶを上に乗せれば完璧です!

 

時間がないときにはピッタリ!可愛い鬼のキャラ弁

url

朝は忙しくてなかなかキャラ弁を作る時間がありませんが、そんな時でも簡単にできるのがこの鬼のキャラ弁です。

作り方

顔や体はケチャップライスや色付きのふりかけを使い、髪の毛は醤油と砂糖で味付けした鶏そぼろ、ツノとパンツはチーズで作ります。先ほどと同じように、鬼のパンツの柄は海苔で付けていきましょう。色付きのふりかけを使えば、赤鬼も青鬼も自由自在!ぜひ、キャラ弁作りのためには常備しておきたい材料ですね。

鶏そぼろを上手に頭の形にしていくコツは、周りにうまいこと他のおかずを詰めて頭の形になるようにしていくことです。場所をとるプチトマトやうずらの卵などをうまく使って、鬼の頭がうまく作れるように配置していきましょう。

 

癒される鬼リラックマの簡単キャラ弁

url-1

キャラ弁の定番であるリラックマですが、結構簡単にできてしまうので人気が高いです。

作り方

  1. ふりかけのおかかを混ぜ込んだおにぎりを作り、お弁当箱の中に入れます。
  2. 薄焼き卵を作っておにぎりのサイズに合わせて三日月型に切り取り、おにぎりの上に乗せます。
  3. 耳の分の丸型に切り取った薄焼き卵も、耳の部分にくっつけてくださいね。
  4. 鼻の部分にはチーズを小さく楕円形に切り取って、その上に鼻と口型に切り取った海苔を乗せて目も海苔でつくります。
  5. さらに海苔を細く切って薄焼き卵に模様として乗せれば、鬼コリラックマの完成です。

リラックマを作る場合は、薄焼き卵を油揚げに替えて少し大きめに作ればあとは同じ作り方でオッケーですよ!見た目も可愛く、子どもが喜ぶこと間違いなしのキャラ弁です。

 

まとめ

子どもが喜ぶ節分のお弁当といえば、やはり鬼のキャラ弁!ということで、忙しい朝でも簡単にできる3種類のオススメキャラ弁についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

鬼の色合いを出すのには、色付きのふりかけが重宝すること、そして顔の表情を作る海苔をカットする道具があればより時短することができます。

キャラ弁はそのキャラクターを大きめに作ってしまえば、おかずは少し間を詰める程度で作れば良いので慣れると楽ですよ!

また、キャラ弁をマスターすれば、保育園や幼稚園、学校の遠足でも重宝します♪

ぜひ節分の日には、子どもが楽しくなるお弁当づくりをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です