バレンタインで手作りチョコを作るときの4つのポイント!娘と一緒にパパを喜ばせよう!

バレンタインの時期が近づくと、なんだか心が踊って楽しみになってしまいます。バレンタインは好きな男の子にチョコをあげることはもちろんですが、大好きなパパに日頃の感謝を伝えつつチョコを渡すという日でもあるのです。こうなるとやはり、ここは母親として娘の手作りをサポートしてパパを喜ばせてあげたいですよね。

そこで今回は、娘と一緒にチョコを手作りする際に押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

スポンサーリンク

娘と一緒にラッピングもこだわる

url-1

手作りチョコを作る上で欠かすことができないのが、ラッピングです。ハイと手渡されたときチョコよりも先に見ることになるラッピングに力を入れることで、よりパパを喜ばせることができます。

今は100均でも可愛くてオシャレなラッピング用品がたくさん売られています。

バレンタインの時期になると、それに合ったデザインのラッピングも並びますのでぜひ一緒に選びに行ってくださいね。外装や内装、袋など全て合わせても500円くらいなので、娘のお小遣いでやりくりできる金額です。

むやみにママが支払おうとせず、ここは娘からパパへの気持ちだということを汲み取ってあげてくださいね。

 

手作り感を出すためにデザインも工夫する

url

完成された見た目の市販品と違い、手作りの魅力はオリジナリティを出せるところです。

例えば型抜きしたクッキーにチョコをかけて、その上からパパの顔をチョコペンで書いたりイニシャルを書いたり…。パパのために作ったという特別感を出すことで、より喜んでもらえるものになります。

手作り初心者は板チョコを溶かしたものを小さなカップに流し入れてデコレーションするだけでも、十分娘だけの手作りチョコに変身しますよ!

私の場合は父がブランデー好きだったので、母の協力のもとブランデー入りのトリュフを作っていました。あらかじめパパの好みをリサーチしておくのも良いですね。

 

あくまでママはサポートするのみ!

url-2

チョコを手作りするときは、あくまで娘からパパへのプレゼントなのでママはサポートをすることに徹するようにしましょう。

例えばオーブンで焼くなどの危ない作業を手伝うなど、子どもだけでは危ないことのみ助け舟を出すようにして後は見守るのみです。パパのために一生懸命チョコを作っている娘の姿を見ているだけでも、胸にグッとくるものがあるのではないでしょうか。

後はママの経験談から、こうしたほうがいいよなどとアドバイスを入れていけばより良いものができあがります。

 

パパへのお手紙を添えてみよう!

url-3

チョコができあがったら、パパへの日頃の感謝の気持ちを手紙にしてみてはいかがでしょうか。

手紙というのはメールなどと違い、一生残るものなのでパパにとっても宝物になること間違いなしです。文房具屋さんに行くと、様々な種類の万能型メッセージカードが売られています。カラフルなペンで、パパへの気持ちを文字にして表していきましょう。

バレンタインに関わらず、プレゼントと共に手紙が入っているのはとても嬉しいことです。

ぜひ言葉を文字にして書くということの大切さを娘さんに伝えていってくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

バレンタインに、娘と協力してパパに手作りチョコを渡して喜ばせよう!ということで大切な4つのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

  • ラッピングもキレイにする
  • 手作りチョコのデザインもオリジナリティあふれるものにする
  • ママの手伝いは最低限のみにする
  • チョコとともにパパへの手紙を用意する

この4つのポイントを押さえれば、パパもますます仕事を頑張れちゃいますね!ママは娘さんとしっかり相談して、素敵なバレンタインチョコが贈れますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です