卒園式のママスーツ2017!オシャレで着回しOKなカラーと生地

2017年3月、我が子の卒園式という1つの区切りの季節がやってきます。でもここで迷ってしまうのは、ママのスーツのカラーや生地についてです。やっぱり色は黒だと地味すぎるし、ネイビーが主流?などなど心配ごとがつきませんよね。周囲から浮かないようにしなければならないし、さらには卒園式にしか着ないのは勿体無いから着回しできるようなデザインにしたいところです。

そこで今回は、卒園式のスーツはどのようなものを選んだら良いのか紹介します。

スポンサーリンク

卒園式のスーツは何色がベスト?

http://www.sotsunyu-junbi.com/mamasuit/jiyuku/

http://www.sotsunyu-junbi.com/mamasuit/jiyuku/

入園式というと、明るいカラーから暗いカラーまで幅広いカラフルなママたちの服装であふれています。しかし、卒園式は入園式に比べて格式の高い式典です。

さらに卒園式は「別れ、旅立ち」といったニュアンスを含んでいますので、黒やネイビー、ダークグレーなどの暗いカラーのスーツが適しています。

幼稚園の雰囲気によっては、ネイビーで統一するのが暗黙の了解といったようなところもあります。

やはり黒では冒頭お話ししたように地味になりやすく、あまり近年では流行りではない傾向にあり、さらに着回しもききづらいので避けた方が無難です。

またグレーも場合によっては明るく見えてしまうということもあるため、やはりネイビーが一番卒園式のスーツのカラーとしては適していると言えます。

 

卒園式のスーツの生地はどうする?

http://www.pliqua.co.jp/fs/pliq/formal_suits/5-11028510

http://www.pliqua.co.jp/fs/pliq/formal_suits/5-11028510

卒園式は3月上旬頃におこなわれるということで、まだ季節的には冬の寒さが残ります。そんなときに気になるのがスーツの生地ですよね。

基本的に卒園式は格式の高い式なのでベロア生地やウール素材が適しています。見た目も美しく高級感がありますし、冬の寒さをしのぐこともできます。

冬に適した素材としてニットなども挙げられますが、こちらは普段着でラフなイメージが強いために卒園式に着ていくものの生地としては不適切です。

あまり高級感にこだわらず生地を選びたいときには、ツイードがオススメです。ツイードなら通年着られる生地なので、卒園式に関わらず様々なシーンで活躍することができます。

 

普段着ない服だからこそ着回しを考えて

http://www.pliqua.co.jp/fs/pliq/5-3105

http://www.pliqua.co.jp/fs/pliq/5-3105

卒園式のためだけにスーツを新調してしまうと、指で数える程度しか着られる機会がなくなってしまいます。そのうち流行りが去ってしまい、なんだか古臭いイメージになってしまうという恐れも出てきます。

そんなときには、着回しも考えながらスーツを選んでいくと良いのではないでしょうか。

例えば、先ほどお話ししたツイード生地などはジャケットを着回せば入園式や入学式にも使うことができます。入学式には、中に明るいカラーのワンピースを着るなどすれば印象はだいぶ変わります。

さらにネイビーだと流行り廃りがあまりないので、ちょっとしたオシャレなレストランで食事をするときなどに活用することができます。

スポンサーリンク

 

まとめ

2017年の卒園式に着る、ママのスーツについてカラーや生地、そして着回し術などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

カラーはやはり高級感漂い、暗くなりすぎないネイビーがオススメです。生地は冬の寒さを防いで、さらに高級感を全面に出すならベロアやウール素材、着回しを考えるならツイードジャケットが良いでしょう。

入学式には、インナーやワンピースを明るめのものにすることで着回しが可能になります。卒園式にだけ着るのはもったいないです、他のシーンでもたくさん着られるようなスーツを選んでいきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です