授乳で乳首が痛い!早く治す方法は?

授乳といえば、出産前はお母さんが穏やかに赤ちゃんと向き合ってスキンシップを楽しみながらおこなうもの…そのように思っていたという人が多いのではないでしょうか。しかし実際は、はじめのうちは赤ちゃんの吸引力が掃除機かと思うくらい強くてかなりの激痛を伴います。

そこで今回は、そんな授乳の時に乳首が痛いのを早く治す方法を、わたし自身の体験談と共にお話ししていきます。

スポンサーリンク

授乳したては乳首が痛い!

url-1

授乳と一言で言うと、赤ちゃんが母乳を飲むと言うことだけで済まされてしまいますが、実はそんなに簡単なことではないのです。赤ちゃんは下と口蓋で乳首を挟み込んで、ものすごい力で押しつぶしながら母乳を吸い出します。普段そんな力が加わることのない場所なので、かなりの激痛が伴うのです。

わたしもあまりに想像を超えた痛みだったために、最初の1ヶ月は授乳の度に泣きながらおこなっていました。赤ちゃんもうまく乳首に吸い付くことができなくて泣いて、わたしも痛くて泣いて、結構混沌としていましたよ。

これは多くのお母さんがぶち当たる壁であり、授乳の最初の試練と言えます。この痛みで母乳は諦めて、ミルクに移行するお母さんも少なくありません。

わたしはとにかく母乳で育てたい気持ちが強かったので、痛みをこらえながらも1日に何回も吸わせていきました。毎回、授乳の時間が怖くて仕方なかったです。

 

乳首の痛みを早く治す方法とは?

そんな痛みに悶えながらの授乳を少しでも抑えたくて、藁をもすがる思いで痛みを早く治す方法を模索しました。

そこで効果的だったのが、ラップパックです。乳首にバーユを塗ってから、上に小さく切ったラップをピタリと貼り付けて授乳の間に保護すると言う方法です。何しろ頻回授乳のために傷を治す薬を塗るわけにはいかないので、赤ちゃんの口に入っても大丈夫なバーユを塗っていました。

またラップでパックをすることで、保湿効果が上がって授乳による傷を最小限に抑えることができます。このラップパックを毎回おこなうようにしてからは、だいぶ乳首が痛いのが治まってきました。

使うバーユは、ソンバーユやベビーマドンナなどがオススメです。

 

授乳の時の痛みはいつ頃なくなる?

url-2

授乳の時に感じる痛みはいつ頃なくなるのだろうと、最初の頃はとても不安に思います。この痛みがずっと続くなら、ミルクにした方がどんなに楽か…とわたしも何度も考えました。

しかし、実際乳首が激痛なのは2週間ほどで、完全に痛くなくなるのは1ヶ月ほど経った頃でした。吸われすぎて乳首が柔軟性を持つようになり、良く伸びるようになったので痛みが起こらなくなったのです。

それからは本当に授乳が楽だったので、痛みで母乳を諦めなくてよかった!と思った瞬間でした。

意外と赤ちゃんのお世話で忙しくしている間に、すぐ痛みは治まってしまいますよ。

 

まとめ

赤ちゃんが生まれて間もなく始まる授乳ですが、多くのお母さんが思っていた授乳と全然違って痛すぎる!という感想を持っています。

痛みはバーユをたっぷり塗ってラップでパックをして保護することで、だいぶ楽になってきます。また痛みも強いのは2週間くらいで、1ヶ月後にはかなり痛みは軽減されています。

辛いのは最初だけで後は全く痛みはなくなるので、頑張って乗り切ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です