赤ちゃんはなぜ食べ物を投げるの?対処法は?

せっかく赤ちゃんが食べやすいようにと、工夫して作った食べ物を投げる…。なんだかお母さんの努力が無駄になったような気がして、イライラしてしまうという人も多いのではないでしょうか。でも、赤ちゃんが食べ物を投げるのには何か理由があるはずです。

そこで今回は、気になる理由と効果的な対処法について説明していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが食べ物を投げる理由とは?

赤ちゃんが食べ物を投げる理由としては、主にこの2つが挙げられます。

食べ物で遊んでしまっている

赤ちゃんの月齢が低い場合は、食べ物をつかみ食べする際に面白くて遊んでしまっている可能性があります。お母さんがそこで食べ物を拾いながら怒ることで、さらに行動がエスカレートしてしまうのです。

自分が食べたいものと違った

1歳半を過ぎてだんだん自我が芽生えてくると、自分が食べたいものと違った時に癇癪を起こしてしまうことがあります。ちょうどこのころは、食べ物の好き嫌いも出てくる頃ですからね。

このようなときに食べ物や食器を投げるといった、お母さんを困らせる行動をしてしまうことがあるのです。

 

食べ物を投げるときの対処法とは?

url

赤ちゃんが食べ物を投げるときには、つい怒りたくなってしまう気持ちもわかります。しかし、怒るとその反応を面白がって赤ちゃんが「自分に構ってくれている」と勘違いしてしまうので逆効果になります。

対処法としては、ここはグッとこらえて食器をその時点で全て片付けてしまいましょう。
言葉を理解してきたら「食べ物で遊んではいけない」ということを伝えるようにしていきます。

そして食べ物を投げるばかりで食べない場合は無理やり食べさせるのではなく、なるべく自発的に食べてもらうようにします。食べられたら、少し大袈裟なくらいに褒めてあげるようにしましょう。

 

楽しく食事ができる環境づくりを!

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f

赤ちゃんにとって大切なのは、食事の時間が楽しい時間だと思ってもらうことです。こう思うことで、食べ物を投げるなど遊ぶことよりも食べることに集中してくれるようになります。

家族みんなで食卓を囲むというのも良いですね。みんなで「ごはん、美味しいね」と言いながら親が食べていくことで、赤ちゃんもそれにつられてきちんと食べてくれるようになります。

食べ物の好き嫌いが出てきたら、なるべく小さく切ったりすりおろしたりしてコッソリ食べさせます。食べられたら、また思いっきり褒めてあげて次へつながるようにしていきましょう。

親が監視するように赤ちゃんの様子を見ながら食事をするよりは、笑顔あふれる雰囲気の中で食べる方が赤ちゃんにとってもしつけやすくなります。

スポンサーリンク

 

まとめ

赤ちゃんが食べ物を投げる…この困った行動に悩んでいるお母さんに向けて、どうしてこのようなことをするのか、そして対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんが食べ物を投げるのは

  • 遊び食べをして面白がっている
  • イヤイヤ期で癇癪を起こしている

この2つが理由です。

対処法はむやみに怒らず、食器を片付けて赤ちゃんが自発的に食べたら褒めることが大切です。そして何より、楽しい食卓の空気を作っていくことが一番なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です