0歳児からの保育園~安心できる保育園の見分け方~

家庭の事情で0歳児のうちから保育園に預けるという家庭も、今では珍しくはありません。でも、まだ言葉も話せない自分では何もできない0歳児の赤ちゃんを預けるというのは、かなり後ろ髪引かれるものではないでしょうか。そこで今回は安心して預けることができる、良い保育園の見分け方をご紹介します。

スポンサーリンク

清潔感があるかどうか

0歳児の赤ちゃんを預けるにあたって、保育園が清潔かどうか見極めることが大切です。

特に見ておきたいのは見過ごされがちな階段部分で、そこにホコリが溜まっていたら要注意です。赤ちゃんはほんの少しのホコリが舞っていても、咳き込んでしまう恐れがあります。そんな環境の悪い空間に1日赤ちゃんを預けているかと思うと、安心して仕事もしていられませんよね。

清潔感と同時に、おもちゃの消毒などもきちんとおこなわれているかどうかもチェックしましょう。他の年齢の園児たちから病気をもらわないためにも、きちんと小物などにも清潔が保たれているかどうかを確認してくださいね。

 

安全面が徹底されているか

url-1

先日、保育園の外の排水溝で園児が溺れてしまうという心の痛む事故がありました。そんなことにならないために、屋内だけでなく屋外でも危ないところはないかどうかをチェックする必要があります。

テーブルや棚の角にコーナーガードが付けられているか、床などに尖っている部分などはないかなどを重点的に見ていきます。0歳児だと、歯固め代わりに様々なところを噛んでしまうことがありますよね。そこからトゲなどができてしまって、思わぬアクシデントに見舞われる可能性もあります。そういったことでも、スタッフが迅速に対応しているかどうかをチェックする意味として重要な問題なのです。

 

先生たちがイキイキ働いているか

url-2

保育園というのは、保育士ありきの場所ですよね。先生たちがイキイキ働けていない保育園に、安心して我が子を預けられるわけがありません。そのためまずは保育士の数と顔色、園児たちとの向き合い方をきちんと見定めていく必要があります。

どこか疲れていたり、イライラした表情をしていればすぐにわかりますので、このような場合には預けるのは保留にしておいた方が良いでしょう。先生たちがイキイキ働けているということは、精神的に余裕があってほんの小さな変化も見落としにくいというメリットがあるのです。

労働環境がブラックなところは、必ず何か保育に落とし穴があります。先生たちが本当に笑顔で仕事をしているかどうかも、きちんとチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

0歳児の我が子を保育園に預けることになった時に、良い保育園選びをするためのチェックポイントを3つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

  • 清潔感
  • 安全面
  • 保育士

この3つは安全な保育園生活を送る上で欠かせないポイントとなりますので、きちんと押さえておきましょう。見学の時には気になることはどんどん質問して、納得した保育園に預けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です