綿棒浣腸しても出ない原因。対処法は?

綿棒浣腸といえば、赤ちゃんが便秘の時に手軽に家でおこなうことのできる便秘解消法ですよね。しかし、綿棒浣腸をしてもなかなか便が出てこない…そんなときは、どうしたら良いのか心配になってしまいます。かといって1日に何回もおこなうのは、赤ちゃんの体に負担になってしまいます。

そこで今回は、綿棒浣腸をしても便秘が解消しない原因や対処法についてご紹介します。

綿棒浣腸のやり方とコツ。注意することは?

スポンサーリンク

綿棒浣腸が効果的な便秘とは?

url

一般的に綿棒浣腸が効く便秘とは、肛門に近い位置のS字結腸に便が詰まっている状態のときです。S字結腸は腸の中でもかなり曲がっている角度がきついので、そこに便が溜まりやすいのです。そこで綿棒浣腸をして肛門から3センチほどの部分を刺激することで、自然と便が出口に向かって流れていきます。

逆に言うと綿棒浣腸をしてもなかなか便秘が解消しないというのは、このS字結腸にまだ便が到達していないということも一因としてあるのです。

綿棒浣腸はそこまで赤ちゃんに対して負担はありませんが、やり過ぎてしまうと腸の粘膜を傷つけることがあります。そのため、1日に1回くらいを目安としておこなうようにしましょう。

 

綿棒浣腸が効かない便秘がある!

url-2

さて、綿棒浣腸が効かない便秘というのは先ほどもお話ししたS字結腸まで到達していない場合があります。それとは別で、腸の働き自体が低下してしまっていることが原因となっている場合があるのです。

腸は胃で消化された食べ物を、ぜん動運動という動きをしながら肛門の方へと流していきます。しかし赤ちゃんの場合は腸が成長とともに大きくなる時に、腸のぜん動運動が一時的に低下してしまうことがあります。

そのためこうした腸の機能自体が低下している場合には、綿棒浣腸をしてもあまり効果が期待できないのです。

 

病院に行く目安とは?

url

綿棒浣腸をしてもあまりに便秘が解消されない場合には、やはり病院で診てもらうのが一番です。そこで、病院に行く目安を5つ見ていきましょう。

便秘が1週間以上続く

便秘が1週間以上続く場合には、便が腸内で固まってしまっている可能性があります。

排便時にかなり苦しむ

排便時にいきんでもなかなか出ずに泣いたり苦しんだりしている場合は、病院で診てもらいましょう。

お腹が膨らんでおへそが出ている

腸内で便が腐敗して、ガスが発生してしまっている可能性があります。

肛門が切れてしまっている

肛門が切れるとかなりの痛みのために泣くことが多いので、薬を処方してもらいましょう。

嘔吐などがある

便秘によって食欲がなかったり嘔吐がある場合には、病院で処置をしてもらうことが必要です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんに綿棒浣腸をしてもなかなか便秘が解消しない原因や対処法について、説明してきました。

便秘とひとくちに言っても、綿棒浣腸が効くタイプと効かないタイプがあるということがわかりました。またご紹介した病院に行く目安を確認していただいて、赤ちゃんの様子がおかしいなと思ったらすぐに病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です