乳児の便秘の原因は母乳かも。母乳の質を改善してみよう!

母乳を飲んでいる乳児は、ミルクを飲んでいる乳児に比べて便秘になりにくい傾向にあります。しかし、最近では母乳を飲んでいるにもかかわらず乳児が便秘になってしまうという話をよく聞くようになりました。乳児の便秘の原因、実は意外なところにあってお母さんの母乳が原因のこともあるのです。

そこで今回は乳児に起こる便秘の原因のひとつとして、母乳の質について説明していきます。

スポンサーリンク

乳児の便秘の原因のひとつに母乳が!なぜ?

url-1

母乳にはオリゴ糖が含まれているので、乳児は便秘になりにくい…はずなのに何故か便秘になってしまって悩んでいるお母さんもいるでしょう。

その原因は、もちろん乳児にとっての水分である母乳の量が少ないということもありますが…。実はお母さんの食事内容などによって母乳の質が低下し、それが乳児の便秘を引き起こしている原因となっていることもあるのです。

母乳は本来サラサラとしているものなのですが、質が低下するとドロドロの母乳になってしまいます。

そのために消化不良を起こして、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

母乳の質を悪化させる習慣とは?

url-3

実は母乳の質を下げてしまう原因は、たくさんあります。そのうちの代表的なものを3つ、説明していきます。

食事内容が悪い

脂っこいものや甘いものばかり食べていると母乳が脂っぽくなってしまい、消化されにくい母乳になります。お母さんの食事は、授乳中の場合は特に和食を心がけてヘルシーなものにしていきましょう。

甘いものも、たまに食べる程度にとどめておいてくださいね。

お母さんの体が冷えている

お母さんの体が冷えていると、母乳も冷えてしまって赤ちゃんの腸の活動を低下させてしまいます。そして便秘になりやすくなってしまうだけでなく、母乳の味も低下してしまうので冷えには十分注意しましょう。

産後1ヶ月では湯船に入ることができないので、足湯をするなど工夫して冷えを取っていきましょう。

お母さんの不摂生

最近では産後ダイエットと称して、妊娠中増えた体重を落とそうと無理に不摂生をしてしまうお母さんが増えています。しかし、それでは母乳の質はどんどん低下してしまいます。

きちんと栄養バランスのとれた食事を、毎日三食食べるようにしてくださいね。

 

母乳の質を高めて乳児の便秘を改善しよう!

url-2

母乳の質を高めれば乳児にとって飲みやすく消化が良くなり、便秘がだんだん改善してきます。赤ちゃんに何かしてあげる、というよりもお母さん自身にできることがあるのです。

  • 体を冷やさないこと
  • 食事をしっかり和食中心に食べること
  • 甘いものや脂っこいものは避けること

これをしっかり生活の中で意識していけば、便秘の原因のひとつは改善されるというわけです。少しずつでいいので、お母さんの健康も心がけていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?母乳の質によって、乳児が便秘になる可能性が高くなってしまうということをお話ししてきました。

産後間も無い状態で、赤ちゃんのお世話にもまだ慣れていない時に自身の体のことまでケアするのはなかなか難しいですよね。でも、お母さん自身の健康を意識することで結果的に赤ちゃんの健康にもつながるのです。

母乳の質を高めて、乳児の便秘のリスクを少しでも下げていきましょう!

乳児の便秘にオリゴ糖が効く!適量ってどれくらい?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です