乳児の便秘の対処法にオリゴ糖?効果的な量と与え方もチェック!

乳児の体調での悩みでも多いのが、便秘の症状ではないでしょうか。私も子どもが離乳食を始めた途端に便秘になってしまったので困っていました。でも実は、オリゴ糖という乳児の便秘に良い効果が期待できる食品があるのです。

そこで今回は、そんな乳児に与えるオリゴ糖の量なども紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

乳児の便秘はなぜ起こる?

url

乳児の便秘の原因は、主に離乳食が始まったことによることで起こります。

それまで液体しか口にしてこなかったのに、ドロドロとは言っても固形物を食べたことによって腸がビックリしてしまって便秘になりやすくなるのです。つまり乳児の消化能力の未熟さによって、便秘になってしまいます。

一般的に母乳を飲んでいる赤ちゃんよりも、ミルクの赤ちゃんの方が便秘になりやすいのです。これは、ミルクの方が消化されにくいからなのです。

離乳食が始まってから、水分が足りなくなることで便秘になりやすくなるんですね。また乳児のうちは水分も十分取りにくいので、余計に症状が悪化しやすいのです。

乳児の便秘の原因は母乳かも。母乳の質を改善してみよう!

2016.12.01

 

乳児の便秘にはオリゴ糖!

url-2

乳児の便秘には、オリゴ糖が効果的です。オリゴ糖は、便秘を防ぐ腸内の善玉菌のエサになるものです。そのため腸内環境が良くなって、便秘が治ってくるのです。

オリゴ糖は体に優しい自然な食品なので、乳児でも安心して食べることができるのです。また離乳食が始まっていなければオリゴ糖を白湯に溶かして飲ませたり、離乳食が始まっていればヨーグルトにかけて食べさせることができます。

我が家でも子どもが便秘のときは、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べさせるようにすることで改善してきています。薬ではないので即効性はないですが、少しずつ腸の働きが良くなっていくのでオススメです。

乳児はあまりにひどい便秘でない限りは、薬はなるべく使いたくないですよね。そんなときは積極的にオリゴ糖を使って便秘を改善してあげましょう。

スポンサーリンク

オリゴ糖の適量はどれくらい?

url-1

乳児にオリゴ糖を与える時には、まずは1日1グラムを目安としながら様子を見ます。

それでも排便がない場合には、少しずつ量を増やしていっても大丈夫です。その場合には一気に増量したオリゴ糖を食べさせるのではなく、朝と夜など時間を空けて与えるようにしましょう。

便秘が改善してきたら少しずつ量を減らしていくなどしながら、様子を見て与えることが大切です。しかし、もともと体にとっては良いものなので少しずつでしたら毎日与えてしまっても問題ありません。

子どもから大人まで幅広く親しまれている甘味料なので、料理に使うなど様々な方法で赤ちゃんに与えてみてくださいね。

 

このように自然由来100%にこだわったママ・赤ちゃんの為のオリゴ糖もあります。オリゴ糖以外は何も使っていないので安心して赤ちゃんに与えられるとかなり評判です♪

類似品も出回っているようですので【公式】なものをチェックしておきましょう!

 

まとめ

乳児の便秘に効果的なオリゴ糖についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

離乳食が始まることで、未熟な腸により消化力が落ちてしまうことが原因だということがわかりました。それには腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖が効果的で、腸内環境を整えてくれることで便秘を防いでくれます。

1日1グラムずつ様子を見ながら与えて、乳児の便秘を改善していきましょう。薬を使うよりかは、やはり安全な食品を使って改善していきたいですね。

赤ちゃんがとても辛そうで、今すぐに改善させたい場合はオリゴ糖と併せて綿棒浣腸も有効です。ただ、初めての場合はママも戸惑っちゃいます。

↓の記事を是非参考にしてみてください☆

綿棒浣腸のやり方とコツ。注意することは?

2016.11.29

綿棒浣腸しても出ない原因。対処法は?

2016.11.29

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です