1歳~2歳の乳児の遊び。成長を促す接し方

産まれてから1年が経ち、だんだん子どもとの生活も慣れてきた頃ではないでしょうか。しかしお母さんも1年、まだ何もわからないまま乳児の相手をするというのは、またヒヨヒヨの赤ちゃんとは違った大変さがあります。

1歳~2歳の赤ちゃんは、生活リズムもそれぞれできるようになってきて、良くも悪くも親の影響を受けて育っています。この時期の乳児とは、どのような遊びや接し方をしたらより良い成長につながるのでしょうか。

今回は、1歳7ヶ月〜2歳の乳児の発達具合や遊び方、知育グッズなどをご紹介します。

スポンサーリンク

1歳~1歳6ヶ月の赤ちゃんの身体的・精神的な成長

1歳~1歳6ヶ月になると、赤ちゃんにとっても親にとっても一大イベントの「ひとりで立って、歩く」ということをします。我が子の成長に感動するお母さんも、きっと多いのではないでしょうか。それでは成長、発達具合の目安を見ていきましょう。

  • 身長…男の子は70~79センチ、女の子は68~77センチ
  • 体重…男の子は7600グラム~11キロ、女の子は7100グラム~10.4キロ
  • 離乳食…1歳~1歳6ヶ月になったら、離乳食を完了させて大人と同じものを食べられるように工夫していきます。味付けを優しくしたり、少し柔らかくして細かくしたり赤ちゃんが食べやすいように取り分けてあげましょう。
  • 感情表現…感情はとても豊かになって、楽しいことがあると爆笑したりちょっと怒った仕草などもします。大人の行動をとにかく真似したがるので、子どもの鏡になれるような行動をするようにしましょう。
  • 運動…多くの赤ちゃんが1人で歩くことができるようになってきますが、やはりまだまだ個人差は大きいので1歳6ヶ月を過ぎても歩かない場合は病院に相談をしに行きましょう。親指と人差し指で器用に小さなものをつまむことができるようになるので、細かいものの誤飲に注意しましょう。
  • 言葉…半分くらいの赤ちゃんが「美味しい」「いや」などの一語文を話すようになります。言葉の発達には個人差があるので、もちろん宇宙語で話していても意思表示していれば大丈夫です。

1歳~1歳6ヶ月の赤ちゃんの成長を促す遊び

1歳~1歳6ヶ月の赤ちゃんは指先で物をしっかりとつかめるようになるので、これを利用した遊びをしてみると良いですよ!

新聞ビリビリ遊び

器用に指を使って新聞紙をビリビリ破っていくので、指先のトレーニングにもなります。ビリビリとした音も、赤ちゃんの知的好奇心を刺激します。

一緒に歩こう遊び

お母さんの足の上に赤ちゃんの足を乗せて、のしのし歩いて見てください。赤ちゃんが、歩くってこんな感じなんだと思ってくれたらバッチリです。お母さんは赤ちゃんの手を持って、しっかり体を支えてあげてくださいね。

1歳~1歳6ヶ月の赤ちゃんにオススメの知育グッズや食器

1歳~1歳6ヶ月になって新たなことにチャレンジしていくためにも、知育グッズや食器を変えていきましょう。

積み木

積み木は頭の体操にぴったりの知育グッズですが、この頃はまだ投げたり叩きあったりするだけです。積み木は月齢により遊び方がどんどん変化していくので、見ていると面白いのでぜひ1つは購入してみてください。

自治体によっては集団の1歳半健診で積み木を積むテストがあるようなので、しっかり練習しておきましょう。

コップ

そろそろコップ飲みができるように、少しずつ練習していきましょう。コップ飲みができれば、ペットボトルなどにも挑戦することができてくるので外出先でも外食したときでもとても役に立ちます。

1歳7ヶ月〜2歳の乳児の身体的・精神的な成長

1歳7ヶ月〜2歳の乳児の場合、体の大きさや体重は非常に個人差が大きくなります。スリムな子や体格の良い子など様々なので、そこまで気にしなくても大丈夫です。ただ、体重が減るような時には病院に相談してみましょう。

  • 身長…男の子の場合81〜86センチ、女の子の場合80〜85センチくらいになります。
  • 体重…男の子の場合8.5キロ〜14.5キロ、女の子の場合は8キロ〜13.5キロくらいになります。
  • 感情表現…だんだんと自己主張が強くなってきて、イヤイヤ期の扉を開ける頃なので手を焼くお母さんも多いのではないでしょうか。何をしても「イヤ!」となり、上手くいかないこともでてきます。
  • 運動…ひとり歩きがとても上手になって、小走りができる子も出てきます。階段を登ってみたり、好奇心が旺盛なのでお母さんは注意してみた方がいいですね。
  • 離乳食…離乳食が完了し、幼児食を食べられるようにはなりますが、まだまだ食べるのが上手くはないので丸飲みしてしまうことも。頑張って噛んで食べられるように、練習をしていきましょう。
  • 言葉…2歳に近づくにつれ「ママ、来た」などの2語文が出るようになってきます。でも言葉の発達には個人差があるので、今時点で2語文が出ていなくても特に問題はありません。

スポンサーリンク

1歳7ヶ月〜2歳の乳児の成長を促す遊び

1歳7ヶ月〜2歳の乳児では、まだ誰かと一緒に遊ぶと言うことは難しいのです。そのため、家で楽しみながら遊んでみましょう。

紙芝居

イラストが描けるお母さんなら、自作の紙芝居を披露してあげるのも良いですね。もちろん市販のものでも、だんだんと興味を持って話を聞いてくれるようになってきます。

ボール投げ遊び

ボールを投げるのが上手になってくるので、ボール遊びができるようになります。使うのは大きめのボールが良いので、両手の手のひらで包めるサイズを選びましょう。

1歳7ヶ月〜2歳の乳児にオススメの知育グッズ

1歳7ヶ月〜2歳の乳児の成長を助ける知育グッズは、どのようなものがあるのでしょうか。
ふたつをご紹介しますので、順番に見ていきましょう。

お絵描きグッズ

紙に殴り書きができるようになるので、クレヨンなどのお絵描きグッズを渡してあげると様々なものを描いてくれます。もし壁に落書きされたくない!と言うことでしたら、磁石のお絵描き知育グッズを利用すると汚れないので良いですね。

ただ、せっかくの作品を残しておけないのが欠点ではあります。

シロフォン

ボーネルンドのおさかなシロフォンが人気ですが、シロフォンはその心地よい音がクセになり情緒も育んでくれる楽器です。歌を歌うこともできますので、ぜひひとつあった方が良いでしょう。

まとめ

1歳~2歳の赤ちゃんの成長や発達具合、そして成長を促す遊び方や知育グッズについてご紹介してきました。歩くことができるようになると、本当に様々なことができるようになります。

そして危ないこともかなり増えてくる時期なので、より一層注意しながら楽しんで遊びを取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です